So-net無料ブログ作成

応募受付締め切りまであと3日。

リアルサンプルプロモーションin品川に是非参加したいです。

「サンプル」って聞くと何を思いますか?
化粧品それとも食品?サプリメント?
本格的に買う前にどんなものかちょこっと試すことができる。
私はサンプル結構好きです。
でも化粧品ならビュティーアドバイザーさんの押しの強い勧誘や通販ならその後のしつこい電話攻撃に辟易したり・・・。
それで結構サンプルを頂くことに躇することがあるんですよね。
反対に企業さんでもお客さんの生の声は聞きたいはず・・・。

そんな両者の間を取り持ってくれるのが「サンプル百貨店」です。
サンプルをほしい人はHPを見てクリックすれば商品が送られてきてそれを試した感想をサンプル百貨店にコールバックすればそれをまとめて企業にお客様の声として返してくれます。
そうはいっても最近は会員数も増え、抽選や有料もありますが・・・

そのサンプルを大量にいただけ且つ企業の開発者や販売者の話をじかに聞くことができる一大イベントがリアルサンプルプロモーションです。
このRSPin品川に是非参加したいです。

最近サンプル百貨店さんはHPに留まらず、地下鉄にあるフリーペーパー「メトロポリターナ」に「女心をのぞいてみれば」というコラムに社長が執筆していたり、テレビ朝日で土曜日の朝9:30からのテレビ番組「もらえるテレビ」にコーナーを持っていたりと、とにかく勢いがあります。
これから先どんなことをやろうとしているのか楽しみでもあります。

サンプルをいただける仕組みのHPは最近いろいろ出ていますが、「サンプル百貨店」はその魁としてこれからもがんばってほしいです。

フラワースクール講習会 参加

お花の先生に誘われて「根岸 花ふじ主催の第9回 フラワースクール講習会」に参加してきました。
講師はフラワーアーティスト 前谷裕一氏
テーマは「春の訪れ~花で楽しむ東西文化」です。
会場は台東区生涯学習センター(合羽橋珈琲店の隣)
ドイツ・スイス・オランダで花を学んだ前谷氏はフラワーアーティストだけでなくイベントプロデューサーなど多彩に活躍しており、今度TBSの「情熱大陸」でもその仕事が取り上げられるそうです。
デモンストレーション中心でしたが、春の花束(シュトラウス)やイースターをテーマとしたものなど花だけでなく枝を使って自然な感じで6種類のデモをしてくれました。
ヨーロッパは日が差さないグレーの時期が長くまた、家の明かりもろうそくなどが多く、日本のような蛍光灯はなず使わない。そこで余計、春の訪れを感じる花が店頭に並びだすとつい花を買いたくなるということでした。

花デモ.jpg

前谷氏の主催しているANDONEのHPは、http://www.andone.jp/

講習は夜19時からだったのでその前に食事は釜飯むつみでとりました。
ごはんの硬さも調度よくおいしかったです。



東京宝塚歌劇団 宙公演「カサブランカ」

宝塚劇場にて宙組公演「カサブランカ」を観て来ました。
ハンフリー・ボガート主演で有名な映画「カサブランカ」の舞台版です。
今まで内容は知らなかったので、ストーリーを追いつつ一生懸命観てしまいました。

舞台は1940年のモロッコの都市カサブランカ。
主人公はアメリカ人リック。ここでナイトクラブを経営しています。
町はドイツ軍に占領されつつあり、そこから更に他の地に逃げようと考えている人たちやこのままではいけないという考える人たちなど人々の気持ちもすさんでいます。
リックが経営するナイトクラブにもいろいろな人たちが出入りしています。
ある日きれいな女性がこのお店に立ち寄り、この女性はリックとなりやら因縁がありそうな・・・・

1.2部構成なっており、物語の終了後レビューもそのまま行われました。
ラインダンスや大階段など物語は結構暗めな話だったので、そのレビューの華やかさが印象的でした。


しかし、宝塚の椅子の狭さは結構しんどいです。
長い公演なのだからもう少しゆったりした席を劇場を作るときの設計してくれれば良かったのに、年齢を重ねてくるとちょっとしんどいような気がしました。

もうすぐクリスマス。

サントリーのガブガブの木を育てています。
17日より25日までサンタクロースが登場にそこをクリックしていただきました。

ガブガブの木.jpg

メトぽん!みてポン!歩いてポン!スタンプラリー

11月28日(土)
外苑前駅から赤坂駅コースを友人と歩いてみました。
ゴールをいちょう祭りが行われている外苑前駅にして赤坂駅からスタートです。
駅を出るとTBSテレビや赤坂サカスがありますが、特にイベントはなく、マルシェ・ジャポンといって地方の珍しい野菜市が行われていたり、スケートリンクができていました。
天気もよくのんびり赤坂通りを歩いていきます。
素敵なマンションの前には「ご自由にお持ちください」と書かれた箱に陶器が入っていました。
乃木坂駅まではすんなりきましたが、そこからトンネルになっています。
結局トンネルの上の道?を通り国立新美術館の裏側にでました。
でもここがよかった。
人がいない上に紅葉している木と近代的な建物が正面の人の喧騒がうそのようでした。
ハフスブルグ展は次回に回し、六本木ミッドタウンを覗いてみました。
途中「パンの浅野や」で軽めの食事をとり、再び歩き始めたら外苑とは逆方向の外苑東通りを歩いたらしく、六本木駅をしばらく歩くと東京タワーがものすごく大きく見えてしまったのです。
しかたなくメトロに乗り「青山一丁目」で降り軌道修正です。
それからは人・人・人でした。
イチョウをゆっくり見上げる余裕はありません。
屋台もたくさん出ていました。でもめざすは「先端技術館@tepia」です。
会話をするロボットは迎えてくれたり、科学技術をわかりやすく紹介されてました。
ゴールは外苑前駅です。
駅構内にスタンプ設置場所がありますが、駅の職員の方にいえば押させてもらえます。
その後再びいちょう祭りにいきましたが、人と歩きつかれたのでゆっくりできませんでした。
月ごとに違う「メトポン!」のようなので、また機会があれば違う町を歩いてみたいです。



べったら市

19,20日と行われていた日本橋恵比寿講べったら市に行ってきました。
結構な屋台の数で近所の会社の商品もお得な価格で売られていました。
人気があったのは小津和紙のティッシュペーパーや明治屋さんの乾物など。もちろんべったら漬けも・・・
皆さん自分の贔屓のお店があるようです。
それに比べてお好み焼きや飲み物など夜店でよく見かける屋台はちょっと元気がないような気がしました。
時間的な問題かな?

べったら市.jpg

東京食肉市場まつり 2009

10月17、18日に行われる食肉のまつりにいってきました。
会場は東京都中央卸売市場食肉市場。毎年各県持ち回りのこのお祭り今年は島根県の「しまね和牛」がメインとなります。
品川駅港南口の階段を下りていくとその広場もイベントスペースとなり観光パンフレットを配っていたり、石見神楽や安来節などいろいろなイベントがおこなれています。
その広場から歩くこと約3分。
メイン会場となる市場では無料試食あり、お肉や加工品の販売あり、世界の屋台料理コーナーやほかの物産も販売していました。
たくさんの人で賑わい試食はしゃぶしゃぶやモツ煮込み、とんかつなどありましたが、どこも長蛇の列です。


帰りに周辺を歩いていたら、「VAN」のビルが・・・。そのとなりはアウトレットショップになっていて洋服や雑貨が安く販売されていました。

待ってました。

拝啓

サンプル百貨店様。
日一日と秋の気配が感じられる今日この頃、皆様は11月13日(金)に行われる第24回RSPの準備でお忙しい事でしょう。
もう24回も開催しているのですね。
ほとんど毎日そちらのHPをお邪魔する私にとって、こつこつ貯めるサンプラーの他に「RSP」開催が決定の文字がどれだけ楽しみか、それも地元の日本橋で開催とは・・・
これは参加しないわけにはいかないと思い、当選しますようにという願掛けを込めて、会場となるロイヤルパークホテルの写真を取ってきました。
ホテル.jpg

端がちょっと切れた写真になりましたが、それくらい見上げるほど大きいホテルです。
また、半蔵門線の「水天宮駅」に直結してくるのでアクセスも大変便利です。
隣がt-catという愛称で親しまれている箱崎バスターミナルなので少し羽田空港へも空いているなら約20分でいくリムジンバスがでています。


すみません。話がそれました。
リアルサンプルプロモーション略してRSP。
商品開発者やその企業の営業担当者の方の話を聞いて実際に商品を試し、それをブログを通して広く皆さんに紹介していくイベントです。
商品は使ってみるもの、食べてみるものなど様々です。
実際に名前を知っている企業から初めて試してみる商品まで数十点に及ぶ商品をプレゼンを見ながら知識を仕入れ写真などをとり、帰ってから一点一点使いながらブログにアップしたりサンプル百貨店のアンケートに答えていきます。
このプレゼンを聞くことで商品がより身近に感じられるし、企業のかたの熱い思いを知ることでブログで商品を紹介する我々もおのずと力がはいった感想ブログになります。
なんかにわか記者になったような気がするのです。
だから日にちを置かないでどんどん試していかなくてはなりません。

でも一度参加したらやめられないRSPに参加したいです。
なんだったら手伝いでも・・・

どうぞよろしくお願いします。
              かしこ






第17回芸工展2009

谷根千・日暮里・上野桜木・根岸・池之端界隈で10月10日~25日までおこなわれている芸工展に行ってきました。
まずはガイドブックを購入していろいろなギャラリーの展示を楽しみながらスタンプラリーをしていきます。
スタンプを押すことのみを目的としては無粋です。

友人と待ち合わせ、まずは根津駅近くの「ギャラリーりんごや」に向かいますが、まだお店のオープン時間ではない模様。ギャラリーは開店時間が11時のところが多いようです。
それでも快くスタンプを押させてくれる人が多かった。
物作りをする人というのはゆったりしている人が多く、みなさん素敵な笑顔の人たちばかりでした。
芸工展に参加すると表明してから自分達でその期間の展示場所を探し、交渉しそして作品を展示している人もいます。。
なかにはまさかこの先にはギャラリーがないでしょうと思わせる路地そして突き当たりなどにあったりしてその展示場所を探しながら町歩きをするのが楽しかったです。以前テレビか雑誌で見たことのある「移動販売のかばんやさん」とも話をすることができました。一年前の芸工展に始めて参加しそれからこのスタイルになった模様。「祝一年」の上り旗も手作りでした。

待ちを歩いていると所々に井戸があるのに気がつきます。
その井戸を調べ探し絵にして展示している学生さんたちもいました。お勧めの「野田の井戸」も歩いている途中で見つけることができ、「なるほどね」というところにある井戸でした。
旧市田邸もぎゃらりーとなり複数の作品が展示されています。
ただ作品をみるより製作者に話しかけてみると作品の中に文字が隠れていたり、なんともゆるいマスコットはよくよく見ると味があります。
この時期このあたりは他のイベントを行っているようで違う用紙をもって散策している人も多数いました。
スタンプの数で景品と交換して貰えるということで本部がしまる時間が迫っています。
夕焼けだんだんのきれいな夕焼けを尻目に香隣舎に向かいました。
結局私達は約30個集められました。
展示期間が長いので平日のみ展示する人やイベントに参加することによりスタンプを押してもらえるなど一日のみの楽しみではないようです。
天気もよく心も体も気持ちのいい一日となりました。


パフォーマンス・キッチン「マール」

新橋といえばサラリーマンの町と言う印象ですが、SL広場前にあるニュー新橋ビルのB1Fにそこだけカフェのような雰囲気の飲食店があります。
その名もパーフォーマンスキッチン「マール」。
ここは料理好きな人やカフェをやってみたい人、自分の料理を食べてもらいたい人が2から3日だけのシェフになり自分の料理を食べてもらうお店です。
材料費やホールスタッフはお店もちだし賃料も発生しません。
さっそく知人に誘われていってきました。
連休の最終日なのでお店も休みのところが多かったですが、ゲームの音を聞きながら進んでいくとありました。
料理もワンプレートでとてもおいしかったしお店もこじんまりしてとても良かった。
オーナーも自分の夢の一つをかなえられている達成感から生き生きとしていました。

気になる方はhttp://www.tsukiji-hamanoya.jp/index.html
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。